« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

雪雪雪雨

天気は雪、洗車は無理。
雪の中、タイヤをスタッドレスに換えた。
一本ずつジャッキアップして、四本換えて一時間程。
毎年12月に入ると換えていたのだが、今年は暖かかったせいもあり、スキーの予定も無く、今日まで換えていなかった。
しかし既に東京に2日降雪した事もあり、洗車の代わり。
冷たかった。

|

後一日

満足いかないが、とりあえず仕事は年内終了。
まあ、仕方なかろう。
来年猛ダッシュと言うことで。
後は掃除、洗車。
しかし、明日の天気予報は「雪」。
ふぅーっ。

|

ぷちパニック

忙しさのせいにしておこう。
車で買物に出た。帰って駐車場に停め、エンジンを止めた。
と、ここまでは普通に操作できたのだが、「あれ?」キーが抜けない。
最後は押し回しで、抜ける位置になるのだが、押してもその位置まで回らない。
もう一度エンジンをかけ直す、が、掛からない。
数回こんな操作をしてみるが、状況は変わらない。
「んー、どうなってしまったんだー?」
カーステレオが鳴りっぱなし、カーナビも。
このままだとバッテリーが上がってしまう。
「ヤバイ」
とりあえずディーラーに電話してみたが、既に営業を終了している。
「待てよ」本当にいつもの操作だったかな。
エンジンが掛からないのは?
「あっ!」シフトレバーがドライブに・・・。
オートマなので、シフトレバーが、ニュートラルかパーキングの位置にないとエンジンが掛からない。
そして同様に、パーキングの位置にないと、キーが抜けないのである。
なんとも、こんな事にすぐに気がつかないとは。
(一人で苦笑い。)

|

今日?

職場の年末年始休みは、30、31、1、2、3である。
なぜか、帰りがけに皆さん挨拶をしていく。
「あれ〜日にち間違えたかな?」とパソコンの時計で確認するも、確かに28日。
あれ、社長さんまでわざわざ挨拶しにまわってくる。
なんとほとんどの人達は、明日から休む様だ。
明日は一体何人が出勤するのだろうか。

|

師走おおづめ

今年も後わずか、なにしろ忙しい。
輪をかけて、余計な用事が入ってくる。
なんとかこなして、年越さないと。
床屋は行った。
年賀状は、とりあえず出した。
滞っていた支払も、なんとか済ました。
猫の餌も購入した。
後は、仕事の方を年内にある程度メド立てないと。
あぁ掃除、洗車しないと。

|

年賀状

昨晩から、年賀状印刷を行い、それでも夕方に床屋へ行くまでには終わった。
多かった年は、教え子などにも出していたため、500枚近くを印刷した事もある。
それに比べれば、楽な枚数で、今年は100枚程度
まだこれから一言を添えないといけない。
例年この一言で挫折することが多い。
さて今度の年賀状はいかに。

|

ついつい

寝坊した。
仕事に行くので、普段通りに起きるつもりだった。
休日出勤だがついつい気が緩んでしまった。
いかんな、忙しいのに。

|

イブ

仕事を早く切り上げ(と言うより明日に持ち越し)、駒沢のライブハウス、ガソリンアレイへ。
ぼのぼのライブ。
クリスマスイブと言うことで、お店からのサービスで、ターキーが振る舞われた。
昨年も同様。
しかし、今年は人数が少ない。
昨年はイブではなかった様で、やはり25日より24日の方が皆さん忙しいみたいですね。
イブなのに・・・?f1000117.jpg

|

朝5時半に家を出て、一人で山中湖へ車で向かった。
目的は富士山。
昨日の天気予報では、今日の富士山は晴。
家の辺りのまだ暗い天には、雲が空を隠していた。
ガソリンを入れ、中央高速に乗り、山中湖へ向かう。
料金所はETCのおかげで楽々通過。
大月の分岐を河口湖方面へ、すると途中霧が出ていたものの谷合だけで、抜けると富士山が見えてくる。
まだ暗いが、車を止めて一枚撮影したいところだったか、そこは高速道路、目的地へひた走る。
観覧車、コースターが見えてくる。
富士急ハイランドだ、河口湖インターが近い。
ここで下りても、富士山が綺麗だが、山中湖へ向かう。
ところがだ、山中湖に近づくにつれ、富士山に雲が掛かってしまう角度に。
山中湖出口までは行くしか無いので、とりあえず山中湖へ。
湖一周してみるが、やはり手前に雲が掛かり、頂上付近しか見えない。
んー、河口湖に戻るかぁ。
大急ぎでもと来た道を河口湖へ。
見える!しかし、太陽の当たり具合いがいまひとつ。
灰色だが、ここは我慢しよう。
湖畔道のちょっとした空き地に停め、数枚シャッターを切る。
一枚携帯電話のカメラでも。
午前9時には帰宅。
来年の年賀状は、今日の「富士山」である。
早く作らねば。


あっ、コーヒー飲んでくるのを忘れた。f1000116.jpg

|

仕事して

毎日いたって平凡な生活をおくっている。
早く起きて、シャワーを浴びて、通勤して、仕事して。
帰宅して遅い夕食とって、これ書いて、メールチェックして寝る。
こうして年齢だけは毎年一つとっていく。

あ、年賀状作らないと。

|

食費

昨日の書き込みは、さすがに酔っ払って書いたのでめちゃくちゃだ。
まあそれはそれとして、一次会二次会とも自腹の会。
会費徴収、合わせて5000円也。
貧乏生活中故、非常にいたい。
一日昼食代500円以下の生活なので、10日分が一晩で無くなった計算。
断食では穴埋め出来ない。
さて、どうしようかな。

|

年会

今の職場の忘年会った。
一次会は軽く飲み食い。
そのまま二次会へ。
みんないいひと。
ああ、このままこの会社お世話になるのかなぁー。
まぁ身を任せようか。

|

左奥歯が痛む。いや、歯茎だな、噛むと痛む。
疲れが溜まると、たまに痛む事がある。
このところ仕事にしろ、年末のせいもあり忙しいからか。
寝不足は溜まっている。
しかし、体はいたって元気。
左奥歯を除けばだが。

|

ガソリン

仕事の後、ガソリンアレイへ行ってきた。
駒沢にある、老舗のライブハウス。
ハマケンさんガソリンアレイでの、最後のライブを聞きに。
ガソリンアレイで出逢い、他の場所での演奏を聞きに行ったりもした。
そもそも私は、「ぼのぼ」というバンドのファンで、ガソリンアレイへ足を運んでいたが、他のバンドにはあまり興味が無かった。
ぼのぼと対バンでハマケンさんの演奏を聞き、そのパワーに驚いた。
などと思いはしたが、それっきり。
まあ、ガソリンアレイでぼのぼと対バンになった方のホームページで、ありきたりではないと言うことで、チェックはしていた。
ある晩ガソリンアレイで、ぼのぼライブの打ち上げをしていたところに、突然ハマケンさん現れる。
その時以来の付き合いである。
ん?何しに現れたかはハマケンさんに聞いてみてください。
その日は三軒茶屋に行ってきたそうです。

|

馬場か猪木か

「プロレスを見るのが好きだ。」
こう言うと、以前は「馬場派?猪木派?」と聞かれたものだ。
ジャイアント馬場が亡くなってから何年経つだろうか。
今ではそう聞いてくる人も、ほとんどいなくなったように思う。
もっとも、全盛期に見ていた訳ではないので、これと言ってどちらかに思い入れがある訳では無い。
ただ、率いる団体として、馬場の「全日本プロレス」が好きだった。
故、ジャンボ鶴田を筆頭に、天龍源一郎、二代目タイガーマスクである三沢光晴、スタン・ハンセン、故、アンドレ・ザ・ジャイアント、などがひしめいていた頃。
そして今では、その全日本プロレスから離脱した「プロレスリング・ノア」が好きで、テレビ中継などを見ている。
流れとしては馬場の流れだが、三沢光晴の理想が大きい。
だから、馬場派と言えば否定出来ないが、三沢派が正しいかもしれない。
猪木も嫌いじゃないけどね。

|

空は

ゆっくりと、各駅停車で帰ってきた。
駅からの帰り道、空を見上げる。
雲が無い。
目はあまり良くないが、星が綺麗に見える。
視力が良ければ、もっと沢山見えるのだろうか?
東京の郊外、子供の頃は、天の川さえ見えたのだが。

|

飲物

前の会社を辞めてから、変わった事がいくつかある。
清涼飲料水、コーヒー、お茶等、自販機やコンビニなどで購入する事が大幅に減った。
勿論全く買わない訳では無い。
今の職場は、コーヒー、お茶は自由に飲めるのも手伝って、買おうと思わない。
しかし以前は毎日何本も飲んでいたのが嘘の様だ。
なにがそうさせていたのか、水分摂取量は変わっていないのかなど気にし始めるとキリが無いが、今は懐には嬉しい。

|

遅いと

毎日眠たいながらも、仕事は追い込みに入っている。
とは言え、相変わらず残業は、いわゆる「終電まで」には程遠い。
今日も21時で切り上げた。
ちょうど後一ヶ月で終わらせる必要がある、契約が切れるからだ。
と、前置きはこれくらいでやめてと、本題。
会社を21時に出ると、家に着くのが23時になる。
貧乏なので帰宅後に夕飯をとる。
まあいい時間である。
先に書いたが、体重を減らす魂胆がある。
ダイエットするには、夜9時以降は食事をしない方が良い。
…早くも難題である。
体を絞るには、早い話が、摂取量を上回る消費をすれば良いのだが、平日は、こんな具合いだと気の長い話になりそうだ。

|

録画

アルマゲドン、ハリーポッター、ジュラシックパーク、梟の城、もののけ姫、千と千尋の神隠し、ロードオブザリング二つの塔
2時間を超えているため、DVDに入らない為にハードディスクに残っている。
何かいい保存方法はないものか。
このままだと溜まる一方。
2枚に分けるのかなぁ。

|

絞るか

ブッシュ米大統領ではないが、お腹まわりを中心に少し、いやきちんと引っ込めようかなと思う。
今まで目標を決めて、いわゆるダイエットをした事は無い。
たいていは、スポーツするためだとか、体調不良の改善だったり。
なので、その成果がでればそれで良かった。
体重の減らし方はわかっている、痩せ方は良くわからないが、体重が減れば絞れるから、目標達成まで減らす。
戻らない様に筋肉作る。
ん、待てよ。
この年では筋肉つけるのは難しいかな?
ま、とりあえず絞ろう。
19年前は52kg、そこまでは無理だろうけれど、現状から10kgは減らせるだろう。

|

今日もまた、観世能楽堂へ行ってきた。
「能」「狂言」鑑賞。
父のつてで、ただでチケットが手に入った。
普通に買うと5000円もするらしい。

「能」は、なかなか良し悪しまでは分からないが、まあオペラなんかと同じで、少し予習をすると、楽しむ度合いが格段に違ってくる。
もともと日本の物語や歴史上の一コマなどを題材にしているものが多いので、わかると面白いだろうなと思う。
今日の演目も在原業平、日蓮上人などが題材。
なかなか奥深き物ぞ。

|

残業

久々に遅く?まで残業だ。
今週2日も休んだので当たり前なのだが、今の職場でこの時間まで残るのは始めてだ。
只今バックアップをとっている。
他の人はみんな帰って既に私一人。
終わったら戸締まりをして帰らないと。

|

休むも

熱が上がり仕事を休んだ。
郵便物が届く。
先月行われた、大学時代の同好会の大会を撮影した写真データが焼かれたCD-ROMである。
2年前に、この同好会のOB会が正式に立ち上がり復活した、現役とOB交えての大会で、今年は参加出来なかったもの。
OB会のホームページはあるのだが、ディスク容量に限りがあるので、画像データなどは私のサーバーに置いて、リンクを張る様にしている。
運営の手伝いの一環と思い提供している。
画像参照しやすい様に、サムネイルと一覧ページを作成してサーバーに上げ、OB会ホームページ管理者にリンク先を連絡。
今年は前年に比べ枚数が多く、10ページに及んだ。
これだけだが、熱があると倍の時間が掛かってしまった。

|

早起き

今の職場、仕事の始まりは、9時から。
貧乏なので、通勤経路は安さ優先のため片道約一時間半程掛けている。
そう、7時半以前に家を出ている。
出掛ける前にシャワーを 浴びる。
なので、まあだいたい5時半には起きている。
早いときは2時頃に目が覚めて、そのまま再度寝付く事も無く、出勤することも多い。

帰りが早いせいか、早い時は10時頃から寝ている事も。

あぁ眠たい。

|

暖かい

12月だと言うのに、暖かい日が続いている。
暦では大雪を過ぎたのに。
夏暑かった年は、雪が多いと、スキーをする者は言うのだが、今シーズンは大雪?それにしても暖かい。
今だけかな。
しかし、スキーに行く程自分の懐は暖かくない、どころか生活もままならない。

|

手伝い

先先週の日曜日、先週の土曜日に、引越しの為の片付けの手伝いをした。
父が定年後に絵を習っている、画家の帆足次郎先生宅。
おじゃましてみると、雑然と絵や額、資料に様々な小物。
これら小物は、みんな絵になったのだろう。
持って行く物、いらない物。仕分けするのだが、全てに思い出がある様、一つひとつに、口上が着く。
「これは終わらないぞー」
などと思いながらも、いったい何に手をつけていいのか、戸惑いながら、運びやを勤める。
父他、生徒さんたちは、出てくるお宝を見ながら片付けていく。
なんだか楽しそうだ。

|

誕生日

大誕生日大会。
11月に父、姉、弟の子、12月に弟の誕生日があり、みんなまとめてのお祝いをした。
甥3歳がメイン、電車好きなので、プレゼントは、プラレール。
見てしまうと、食事もそこそこに、レールを組立て遊びに夢中。
大人は飲んで食べて、話して。
お腹いっぱいである。f1000112.jpg

|

迷ったが

ライブが重なると、どちらに行くか迷うときがある。
予め決めていていないと、寸前まで迷う。
「ぼのぼ」と「トランポリン」。
結局「ぼのぼ」に行った。昨年末には、「ぼのぼ」ファンから「たんばりん」ファンに改めようかとも思った程。
その「たんばりん」のボーカルがハードロックバンドも、それが「トランポリン」なのである。

今回は「ぼのぼ」の対バンに「天空」さん。これが決め手。
天空さんは、たんばりんさんに、お勧めと紹介された方である。
なんとも複雑である。
みんな頑張れ!

|

階段

通勤中階段が多い。
私鉄から地下鉄に、更に地下鉄を乗り継いで、職場まで。
職場はビルの4階、エレベーターは使わない。朝昼夕と2往復はする。
正確に数えた訳ではないが、帰宅までおよそ20階分上り下りしている。
連続して20階上って、下りる訳ではないが、なかなかいい運動だ。

|

場違い?

難聴になった。
仕事帰りに三軒茶屋のライブハウス「ヘブンズドア」へ行き「トランポリン」を聞いた。
先月の勤務時間が、規定を10時間も超過していたので、早く帰る事を心掛けようと。
前にも書いたが、今の職場はスーツにネクタイである。
ライブハウスに入ると、一人スーツである。
やはり週末でもないと、スーツ姿はいないものだ。
で、難聴の原因はトランポリンではなく、その前に演奏した2組のバンド。
大きい音出せばいいってもんじゃなかろうに。
最近そんなバンドによく出くわす。

|

走るか

師走に入った。
今年も余すところ一か月、振り返ると肉体的にも精神的にもボロボロになった一年だったな。(ついでにふところまで寒いぞ)
あと一ヶ月で挽回できるかな。
さっ、もう一息だ。

|

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »