« 私の師匠 | トップページ | やっちまった〜、の続き4 »

2005年10月 2日 (日)

練習もしないと

カラオケボックスで2時間の練習。

マウスピース:YANAGISAWA METAL SP #7
リガチャー:YANAGISAWA METAL 付属
リード:Vandoren ZZ 3
本体:YANAGISAWA S-991 ストレートネック

まずは、適当に音出し。
そしてロングトーン、タンギング。
マウスピース&リードが小さいので、アルトの様にはタンギングがうまく行かない。
メトロノームを使って、音を刻むが、刻む度に音が変わってしまう。

途中でマウスピースをエボナイトに変えてみる。
今日は、変えても出しにくい音(レミファ辺り)が上手く出ない。
「やっぱり呼吸か?」
出しにくい音を出すには、立ってお腹の底から息を送る感じで出すと鳴る。
でもこれでは、大きな音しか出せない。
小さい音を出そうとすると、裏返ったり、出なかったり。
リードも三種類(ZZ3,青箱2半,石森2半)を変えてみるが、症状は変わらず。

では、大音量で曲の練習。
っと待った。
明日レッスンである、レッスンの課題もやっておかなければ。
アルトではないが、テキストの譜面通りに吹いて、間違えない様になるまで繰り返す。
出来る様になったら、オーバーザレインボウ(テナー譜)を練習。
アルトで運指を覚えているため、なかなか思う様に動いてくれないが、全体的にアルトより楽な運指のイメージ。
(あれ、これ以前にも書いたかな?)
まだ、全部通していないが、だんだん覚えて来た。
途中だったが、時間が来たので、ここまで。

明日、アルトが退院してくれば良いのだが、レッスンに間に合わなければ、教室の備品を使わせてもらう。
一応マウスピースは、セルマーS80を持って行くつもり。(リードは青箱2半との組み合わせ)

|

« 私の師匠 | トップページ | やっちまった〜、の続き4 »

コメント

あれ!ソプラノをレッスンで吹かないんですか~?
せっかくだから、教えてもらえばいいのに。(笑)

投稿: キャットてぃる | 2005年10月 3日 (月) 14時52分

キャットてぃる様>

レッスンで、アルトもソプラノもと、やってしまうと余計にややこしい事に成りそうなので、当面はアルトです。
しかも先生には、ソプラノ所有している事を土曜日のライブの日に初めて言ったので。
その時に、「そのうち持って来て」と言われたので、そのうちに。

投稿: フラット | 2005年10月 3日 (月) 15時01分

ソプラノってやっぱり難しそうですね~。
でもいいですよね~。ルックスとか音色とか。
私はもともとKenny Gに憧れていたので、
いつかは挑戦したいですね。

(いつになることやら...)

投稿: みつ | 2005年10月 3日 (月) 21時18分

みつ様>
ソプラノちゃんと吹けると良いのでしょうが、なんかイメージと違う音がするんですよね〜。
またそのうちオフ会に持って行くかも知れませんので、その時吹いてみますか?
まあ、次回は呑みもあるので荷物は少なめになりますが。

投稿: フラット | 2005年10月 3日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習もしないと:

« 私の師匠 | トップページ | やっちまった〜、の続き4 »