« 呼吸 | トップページ | へろへろな音 »

2005年12月 5日 (月)

次のステップ

夜e-Saxで約2時間半練習。

マウスピース:OTTO LINK METAL 6☆
リガチャー:HARRISON AO GP
リード:Vandoren JAVA 3
本体:YANAGISAWA A-991

先週今週とレッスンが無いので、みっちり練習しておく。
発表会曲、1人で演奏する場合、今もらっている楽譜だと、テナーと交互に吹く部分ができない。
で、師匠がちらっと言っていた、「手持ちの楽譜のフレーズを入れてみたり」を実践してみる。
まあ、持っているのはここに何度も書いている、Enjoy! Play alto SAX。
このアドリブ部分をコピーしてみる。
これが、思ったより簡単に覚えられた。(覚えるのと間違わずに演奏するのとは違います)
何回か繰り返していると、うん楽譜見なくても大丈夫そう。
で、師匠の模範演奏の、テナーとのやり取り部分をこれで吹いて練習。
この模範演奏はテンポ100なので、ある程度やったら、メトロノームでテンポ110に合わせて練習。
(Enjoy!Play alto SAXは伴奏が短いので使えない)
うん、なかなか違和感がある。
なにしろ、発表会用の楽譜とテーマの部分が1オクターブ違うのだから。
で、前半は発表会用、後半はEnjoy!・・の楽譜という様にしてみた。
まあ、もうちょっと練習が必要ですが、何とかなりそう。
来週のレッスンで師匠に聞いてもらい、判断してもらう事にしよう。

|

« 呼吸 | トップページ | へろへろな音 »

コメント

そうそう。曲に色々アレンジを加えてオリジナリティーを出すのっていいですよね。

なんか、俺も発表会用の曲は先生が色々手を加えてくれるみたいなので楽しみ♪。

投稿: はせけん | 2005年12月 5日 (月) 23時18分

はせけん様>
難易度が上がるので、ちょっと怖かったりもしますw

投稿: フラット | 2005年12月 5日 (月) 23時25分

おお!さすが研究熱心ですね~。すごい。
コピーの練習もここまで考えているなんて、、、。
私なんかとりあえず真似て、間違えたらあとは感性にまかしてしまいます。ただ教室でそれをやると怒られます。(笑)
って、教室の問題でしたね。(ごめんね。)

投稿: キャットてぃる | 2005年12月 6日 (火) 09時16分

キャットてぃる様>
間違えたら、すすみません。
感性が無いのかも・・・

投稿: フラット | 2005年12月 6日 (火) 13時26分

おお!練習が実践モード突入ですね~
なんか私までわくわくしてきた~(笑)
楽しんでくださいね~

投稿: コロスケ | 2005年12月 6日 (火) 14時50分

コロスケ 様>
良くも悪くも、楽しんでいます。
本番はどうなる事やらw

投稿: フラット | 2005年12月 6日 (火) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次のステップ:

« 呼吸 | トップページ | へろへろな音 »