« 少しずつでも前進 | トップページ | 禁JAZZセッション中 »

2007年4月16日 (月)

73回目

レッスンでした。
雨降りに、楽器持って出るのは嫌ですね。
ただでさえ、朝の満員電車で楽器ケースが歪みそうになっていると言うのに...
いや、他の方々の迷惑にも成っていると思うのに。

なんだか前回から、えらく日にちが経っているような感覚です。
先週は行かれなかったのですが、先々週は行かれてちゃんと受けよなあ。
しかし、仕事の方がいまいちすっきり終わらないので、今日は切り上げ。
と言うか、こそっと「お先に」と。

さて、レッスンは珍しく、いきなり曲を。
いきなりと言っても、通して吹いた訳ではなく、あ、いや、いきなり吹いたか。
で、1回通してから、間違ったところ、今まで進めなかったところを何回か練習し、最後に通す。
で、毎度納得いかないも、とりあえずアルフィー完。
いや、この曲の練習は続けますよ。

で、とりあえずレッスン時間は終わり。
次の生徒さんが、まだの様なので、師匠のテナーを吹かせてもらいました。
YAMAHA YTS-82Z UL
構えた感じは、思ったより軽い。
吹いた感じも、息を余分に入れなくても楽に響く感じ。
まあ、師匠が育てた楽器なのだと言う事もあるだろうかど、吹きやすい。
ソプラノを吹いていて、持ち替えて、すんなり吹けました。
あ、以前テナーで音が出なかった時に使っていた、マウスピース&リガチャ&リードです。
私のアルト、ソプラノはもっと硬い感じで、鳴らすのにもう少し気合いが必要です。

そして、今日は教室にもう1本テナーが。
他の生徒さんがテナーで受けているそうで、しかもまだ楽器を持っていないそうで、
そこは楽器屋さん経営の音楽教室、ピカピカの新品の様です。
IO TS-1085 BNS
IOのブラックニッケルプレートですね。
これも吹かせてもらいました。
82ZULに比べて、少し重たいが、音は出しやすい部類かな。
がっ、キーの配置が私には違和感ありすぎ。
まあ、ソプラノからテナーはキー間隔が変わるので仕方がないところも有るのですが、
左手パームキーがヤナギサワと比べ低すぎて手前過ぎる。
アルト、ソプラノ共ヤナギサワなので、これは難しいです。

ああ、いかん。
テナーより練習時間が欲しい。
防音室が欲しい。
82ZUL、良いなあ。

| |

« 少しずつでも前進 | トップページ | 禁JAZZセッション中 »

コメント

お、どうにかテナーを吹いたんですね!
おめでとう~♪
やっぱテナーですか。(笑)
で、そのヤマハのテナーって、この間、nakaPさんが買ったアルトのテナー版なのかな?
吹きやすいんですね、、。
私も欲しいにゃ、、。(爆)

投稿: キャットてぃる | 2007年4月17日 (火) 10時58分

キャットてぃる様>
軽めと言ってもテナーは重たいですよ。
>私も欲しいにゃ、、。(爆)
吹きやすいと言っても、アルト程ではないですよ。
是非買ってみてください、
手が届かないと云う落ちですよね?(^^)

投稿: フラット | 2007年4月17日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 73回目:

« 少しずつでも前進 | トップページ | 禁JAZZセッション中 »