EWI

2020年5月 6日 (水)

よしめめと遊ぼう企画に参加 #02 ルパン三世のテーマ

前回に引き続き、AKAI Professional のEWIエンドーサである、よしめめ氏のTwitter企画に参加。

https://twitter.com/yoshmeme/status/1256810836615561217

#02はみなさんおなじみのアニメ「ルパン三世」から、ルパン三世のテーマ。

まず一般に耳にしたことがある人が多いので、ちょっとした粗も目立ってしまうのではないかと、

余計なことを考えましたが、ある程度自分のイメージが出せれば良いかなと。

で、前回のオーメン練習で、少し指も動く様になってきているので、もう勢いで。

と、思ったもののBメロがリズムに乗れな、指がついていかない。

1日目の練習はそれで終了し、2日目2時間弱練習してみたものの変わらないので、

録画機材(Mac, ミキサー等)の準備して撮りながら練習を。

何テイク録ったか、疲れて指の動きが悪くなったので終了。

youTubeにアップ。

https://youtu.be/X1c6-h6DO8s

Twitterに共有して、参加完了。

https://twitter.com/flat_takarada/status/1257630679795265537

今朝、よしめめさんからコメント頂いて、コンプ。

次回は、どんな曲なのか?

楽譜は手元にあるのか?

動画中、首回りは肉取れるのか?ヲイ

緊急事態宣言期間も延びたので、音の出ないEWIが暫く良き相棒。

#EWI #よしめめと遊ぼう #AKAIEWI 

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

よしめめと遊ぼう企画に参加 #01 Omens Of Love

AKAI Professional のEWIエンドーサである、よしめめ氏がTwitterで遊ぼう企画を始めた。

https://twitter.com/yoshmeme/status/1252448695548694528

その第1弾が、The SQUAREのOmens Of Love という曲。

EWI吹きなら耳にしたことがあるであろうこの曲ですが、今までちゃんと練習したことが無いまま、吹けたらいいなあと頭の片隅に思っていた。

4/21に上がった企画で、まずは録画録音環境をどうしたら良いのか調査から入り、調査から、調査、まとまった時間が取れず。

そうこうしている間に5月突入ということで、この日にアップすると決め NO EWI NO LIFE のTシャツを着込んでいざ。

慌てて楽譜をさがすもののC譜ばかり。

EWIもB♭にトランスポーズで吹いていたので、耳から入れて指動かすという今までと同じ非効率練習を。

効率悪いと続かない悪循環。

録画すると、画像と録音がずれていたりで四苦八苦。

それでも数時間ぶっ続けで、吹いてはチェックを繰り返し、疲れ切ったのでヘロヘロのものをYouTubeにアップ。

https://www.youtube.com/watch?v=ErrIGB3SIAw&feature=youtu.be

Twitterにリンクをあげて、参加完了。

https://twitter.com/flat_takarada/status/1255884040734797830

そして、本日よしめめさんよりコメントを頂き、コンプ。

https://twitter.com/yoshmeme/status/1256807186400854016

したら、早速#02が上がりました。

https://twitter.com/yoshmeme/status/1256810836615561217

今度は皆様ご存知、ルパン3世のテーマ

これも練習したことがない。

果たして参加可能なのか?

#EWI #よしめめと遊ぼう 

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

EWIをEWIらしく吹きたい。

朝から、久々に EWI MASTER BOOK を読み返している。

読み飛ばしていたところを重点に、EWIらしく吹くために。

そもそもEWIを購入したのは、YAMAHA WX5もそうだったが、SAXの練習を家でも出来ないかの選択肢のひとつとしてであった。

しかしながら、いくら運指をSAXとトランスポーズで移調しても、やはりSAXとは別物。

SAXの様に吹いてきたけど、他のEWI吹きの方々の演奏を聴いて、私は使い方間違ってる?

で、EWIをEWIとして吹いてあげないと、各方面に失礼だなと改心?

いつの間にか増えたEWI本のおかげで、練習環境は整っている訳で、あとはヤルだけ。

8c8cd49527c34982b837695aa12319c3

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

マウスピース交換した。(ewi)

EWI4000sのマウスピースが汚れきたので、交換してみました。

よしめめ先生のアドバイスによると、古い方は破壊して外すとの事。

どれどれ、マウスピース交換始めましょうか。

 

準備はEWI4000s本体と、交換用に購入した新しいマウスピース。

軸の長めのプラスドライバー。(コンビニで購入のドライバーセットではネジまで届かなかった)

念のため、ニッパー(プラスチック用)も用意。

9690697c243e4d2db3d5e31ad6f69ebd

 

マウスピースのキャップを外し、

83a17e8ba3724f71bc65a22d5f4a9166

 

マウスピースケースのマウスピース下にある穴にプラスドライバーを差し込み、中のネジを外す。
初めて外すときは、ネジがキツく締まっていると思うので、ネジ山を壊さないようにしっかりと押さえて回す。

5174d8954a284971a0a3f0c75e2d6a0e

 

マウスピースカバーごと真っ直ぐ引き抜くとセンサーが見えるので、そのまま離れるまで引き抜きます。

E30ccfa94f4846d9bd56668e9290f05a

 

マウスピースカバーの内側は、こんな感じにマウスピースがはまっています。

E0c86498e9aa404492158770a9fe3227

 

マウスピース(白い部分)をちぎれるまで左右に引き倒すを続けると、それほど苦労もなくもげたので、ニッパー必要なかった。
残った根元の方をマウスピースカバーの内側に押し戻し外します。
取り除いたら、いい機会なのでマウスピースカバーを清掃。(食器に使えるアルコール除菌スプレー使ってみました)
本体側のマウスピースカバーで隠れていた部分も掃除。

7dfbb7316cf2495687e6be0b443d3cb4

 

で、新しいマウスピース。

Dccd22d01ac44f0ba008db6adb1868e3

 

マウスピースカバーの内側から形に合わせて差し込み、先端を引っ張りながら根元がはまる様少し左右に。

813d1b3c776a4465953172c260d1f456

 

マウスピースカバーを、センサーがマウスピースに正しく入るように差し込み戻し、ねじ止めして交換終了。

96ab5fbc92d54a4ba0d692ac1d5ce808

 

あとは、センサー感度などが狂っていたら調整したらオッケ。

よしめめさんのアドバイスのおかげで、案外あっけなく作業終了。

 

 

 

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

乾燥の季節

洗い物と乾燥の季節で、手が荒れています。
そしてこの季節になると、EWIのオクターブローラーが反応しにくくなる。
ハンドクリームを塗ってみるのが良いのか?ただベトベトした手で楽器を触りたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

節操無い

今日、iReal proとレッスン曲以外に見た楽譜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

今年は

昨年末「とにかく前に出て吹け」的な状況があり。
日頃の練習の量と質が、そう言う事に対応できるものでは無いという事を思い知らされた。
もちろん練習量は、今までと比べ飛躍的に増やすという事はなかなか難しいものの、場所はお店を確保できたので。
質が問われる事になるかと。
で、昨年までは時間の確保が大きな課題だったけど、今年はちょっと違う。
練習内容はどうしても技術面の事になるので、それはそれとして頑張る。
レッスンもできるだけ休まない状況に調整していく。
しかし自分の問題点としては「演奏することは聞いてもらう事」という基本が成っていないところかと。
という事で、今年は「音(楽)を届ける」をテーマにしていこうと思う。
まあ、今更ながらですが、5年ぐらい忘れていた大事な事をやり直す年に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

吹きおさめ

今年の吹きおさめは、EWIで。
SAXは、店に置いてきたので。



| | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

徐々に練習再開

早く帰宅したので、EWIで練習をしてみたが、
まだ背中が痛むので、あまり無理せず
10分程度でやめておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

練習?

発表会の曲練習の合間に、Truth 1991を真似てみる。
徐々に指が動くようになってきた(当人比)
メトロノーム使わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧